研修医のための知識 

見るだけで確実に成績UPする恐ろしいブログ 3年目以降の道を決めました

H.pylori除菌がGERDの原因となる理由

f:id:misoramenn:20190917203000p:plain

 

GERD(胃食道逆流症)は、胃内容物が食堂や口腔内に逆流することで、胸焼けや呑酸などの症状を呈する病態である。

内視鏡検査で粘膜症状を認めるびらん性GERDと粘膜症状が見られない非びらん性GERD(NERD)に分類される。

 

GERDの発症要因として以下が挙げられる

  • LES圧の低下
  • 胃酸分泌の亢進
  • 食道運動の低下
  • 唾液分泌の低下

ここでは胃酸分泌の亢進を考えていく。

 

H.pyloriに感染すると、萎縮性胃炎となり、胃酸の分泌が抑制される(B型胃炎)。

したがって、GERDの患者が偶然H.pyloriを感染していて除菌してしまうとすると、胃酸の分泌が亢進され、GERDの症状をより悪化させてしまうからである。