研修医のための知識 

見るだけで確実に成績UPする恐ろしいブログ 3年目以降の道を決めました

IGRAについて

結核では陽性だけど、非結核では陰性だよ

 

IGRAは結核の検査として知られていますが、その実態は接触者検診で用いられるものです

 

外来で

「風邪ひいた、ごほごほ、咳が続くんですよね」

というような患者には、結核の診断リズムで

f:id:misoramenn:20190905135120j:image

 

結核は十分知られています

そのほかの培地以下

f:id:misoramenn:20190905140136j:image

 

IGRA(Interferon gamma release assay)は接触者検診でよく用いられるスクリーニング検査です

患者の血清を持ってきて、結核抗原液に滴下し、感作されたT細胞から放出されるIFN-γを計測します

IFN-γの産生量を測定するのがQFT-Plusで、IFN-γ産生のT細胞の数を測定するのがT-SPOT

f:id:misoramenn:20190905142601j:image

 

この話でよく出るのがツベルクリン反応との違い

ツベルクリン結核の抗原を皮内注射して、アレルギー反応をみている

これは過去のBCG摂取歴をも判定にだしてしまうため 、日本人ではほぼ使えない

ただ、乳児のコッホ現象の際にはツ反を用いるので注意しましょう(BCGの影響はうけないっぽい)

 

IGRAの陽転には8~10週かかるため、接触者検診もそれくらい期間をおいてやりましょうね

さらに、潜在性結核感染症(IGRAで陽性になったが無症状の人)にはINHを6~9ヶ月用いて治療します

ここでRFPじゃないのはステロイドの効果が弱まるとか、そういうこじつけでなんとか覚えましょう