研修医のための知識 

見るだけで確実に成績UPする恐ろしいブログ 3年目以降の道を決めました

ループ利尿薬で低カルシウム・マグネシウム血症になる理由

f:id:misoramenn:20190911124713p:image

ループ利尿薬はヘンレの上行脚のところのNa/K/2Clのチャネルに作用する利尿薬です

 

チャネルの作用は以下のようになっており、一度吸収されたKは再度尿細管内に放出されます

f:id:misoramenn:20190911122124j:plain

この際、尿細管内と外で電位に差が生じます

その差を利用してCaを尿細管から吸収します

また、図には書いていませんが、CaとMgは動体が

 


似ているため、Mgも吸収します

低カルシウムでMgも低下するのも理解できます

 

f:id:misoramenn:20190911122121j:plain

 

 

ここをループ利尿薬でおさえるため、電位の差が生じず、Caを吸収できないため低カルシウム(マグネシウム)血症になるのです

f:id:misoramenn:20190911122117j:plain